【リズム】ブルースのシャッフルビートに日本人が上手に乗る方法 | アドリブギターの教科書

【リズム】ブルースのシャッフルビートに日本人が上手に乗る方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

日本人はリズム感が悪いのか?

日本人はよく「リズムが悪い」

といったことをとりただされることが多いです。

ブルースのリズム(シャッフル)を演奏していても、

「どこか音頭のようになってしまう…」

そう感じる人もいます。

ここでは、

どうして日本人がリズムが悪いのか?

それから、ブルースの

シャッフルビートに上手に乗る方法を

お伝えしていきます!

こんにちは!
アドリブギターの専門家
島田沙也加です

リズム感は環境で決まる

日本にいれば、日本語を話すし、

アメリカにいれば、英語を話す。

言語が違うので「発声」の仕方も違いますし、

そもそも、言語が持つリズムも

日本と海外では違います。

黒人はグルーヴィーで、

日本人はリズムがダメだ!

とよく言われますが、

日本人がリズム感が悪いのではなく、

黒人(アフリカ)のリズムと日本人のリズムが

全く異なることから、

単に親しみ慣れていないだけ

ということなのです。

同じ日本の中でも、

関西で育てば、関西弁になるし、

東京で育てば、標準語になる。

こういった事実からも、

才能があったから、ではなく、

生まれ育った「環境」

その人に備わる「能力」は

決まることがわかりますね。

関西弁になる才能があったら、

東京で生まれ育っても

自然と関西弁になってしまった!

ということはないですよね(笑)

「グルーヴ」を感じる練習が必要

「グルーヴ」とは

簡単に言えば、

「1拍のリズムの感じ方」です

「1拍のリズムの感じ方」には

跳ねるor跳ねない

タメるorタメない

のような要素があります

ざっくり言えば、「ノリ」ともいえますね

今回は、「ブルース」を中心に

話をしていきますが、

ブルースは、現在のポピュラーの祖先のような存在です。

ポピュラーと呼んでいるのは、

サウンドがポップな曲調という意味ではなく、

ロック、R&B、ファンクなどの

現在広く知られている曲全般のことです

では、ブルースはどこから生まれたのかといえば、

クラシック(西洋音楽)のルールと

アフリカ(黒人)のリズムが融合して生まれました。

アフター・ビート

ブルースの

「1拍のリズムの感じ方(ノリ)」

の説明に入る前に、

基本の「リズムの仕組み」を知っておきましょう。

ブルースに始まるポピュラー音楽は

「アフター・ビート」を強調する

という特徴があります。

アフター・ビートと呼ばれるのは、

2、4拍目のことです。

一定のテンポの中で

1、3拍に対し、2、4拍が呼応する、

というのが、

基本のリズムの仕組みです。

キャッチボールのイメージで、

1拍目がボールを投げ、

2拍目がキャッチするというような感じでしょうか。

日本の民謡はもちろん、クラシックも

このリズムとは違いますね。

クラシックでは、4拍子を

「強拍・弱拍・中強拍・弱拍」

と説明しますが、

現代のポピュラー音楽では、

2、4拍にアクセントが来ます。

実際の演奏ではドラムのスネアが、

2、4拍を強調していますね。

ですから、クラシックの4拍子と

ブルースやロックの4拍子は異なるのです。

シャッフルの「ビート感」を鍛える

「アップビート」から入る

ということで、

「グルーヴ」を感じる訓練

していきましょう。

「リズム」と聞いた時、

ワン・ツー・スリー・フォーの

タイミングを示す

正確な「テンポ」にばかり

話題が走りがちなのですが、

リズムが持つ要素は、

「テンポ(時間)」だけではなく、

「リズムの感じ方(フィール)」が存在しています。

ここでは、グルーヴを感じる

訓練をしていきます。

%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e6%84%9f%e8%a6%9a

図のように、

1拍目から2拍目が鳴る間には

沈み込むような「ダウンビート」

2拍目に向かう「アップビート」という

ビートを感じることが重要です。

大事なことは、

リズムは「点」ではなく

「線」で捉えることです

冒頭に出てきた日本人が

シャッフルと混同しやすい

「音頭」は1拍目から

沈み込むような動きを持っているので、

ダウンビートから入るようなリズム感を持っています。

ですが、

「シャッフル」に乗るためには

1拍目に向かって

アップビートから入る

というリズムの取り方をします。

裏拍の位置をつかむ

ロック、ファンク、ブルースなどは

いわゆる「タテノリ」というリズムで、

その名の通り、

縦に体を揺らしたり、

また、沈み込むような

「動きのイメージ」を持つリズムです

「ダウンビート」

沈み込むような動きを感じるわけです。

この沈み込む動きのピークが

「裏拍」であり、

シャッフルでは、

「タッタ」と3連符の

3つめの音符がくるあたりに、

この裏を感じることができます。

%e3%83%aa%e3%82%ba%e3%83%a0%ef%bc%9a%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%95%e3%83%ab

説明上、3連符のうちの

3つめの音符がくるところ、

という表現になってしまうのですが、

「しっかり、3連符で割ったところ!」

という意識でリズムを取ろうとすると、

肝心の「ビートの動き」を

感じづらくなりますので、

あくまで、

1拍の裏の位置が

 次の拍に寄っている

という感覚が大切です

跳ねる・跳ねないとは?

ブルースのリズムは、

リズムが「たった、たった」と

跳ねているように聞こえます。

この跳ねるリズムのことを

「バウンス」といい、

ブルースなどで使われるリズムを

「シャッフルビート」と呼びます。

まずは聴いてみましょう。

ドラムのシンバル(ハイハット)や

ベースラインが「たった、たった、たった…」

というリズムを刻んでいますね。

注意したいのが、

メロディはそれに合わせないというところです

メロディも、もちろん3連符系には

なってきますが、

跳ねるというより、

「粘る」というような印象が

メロディにはありますね。

合わせて跳ねることはないのですが、

シャッフルビートを体の中で感じることは必要です。

なので、自分はギターソロを弾きたいから

関係ないや〜ということは無いので、

がんばりましょう(^^)

シャッフルの

このフィーリングがわかると、

リズムが気持ち良く聞こえてきますよ

リズム感を鍛えたいなら、楽器は持つな!

「楽器の練習」というと、

どうしても楽器を持って、

演奏する練習がしたくなるものですが

リズム感を鍛えるためには、

まず楽器を持たずに

聴く練習から入ることがオススメです

腕を振ってリズムを感じる練習をします。

やり方はカンタンで、

表拍のときに腕が上、

裏拍のときに腕が下に来るように振ります。

詳しいやり方は、

リズム感トレーニングを見てくださいね!

スローブルースも聴いてみよう!

先程のシャッフルビートを

引き伸ばしたような感覚になります。

スローブルースも腕を使って

リズムのイメージを感じてみましょう!

次の記事:ファンクのビートの感じ方

ファンクとロックのリズムの違い
ファンクとロックのリズムの違い
かっこいいR&Bやソウルを、上手く演奏するためのリズム感トレーニング理論。「カッティングが決まらない」「ファンクに乗れない」というお悩みは、リズムの問題かもしれません!

リズム理論まとめ

グルーヴを感じる演奏を手にいれる!リズムトレーニング理論
グルーヴを感じる演奏を手にいれる!リズムトレーニング理論
どんな楽器においても、「リズム」はとても重要な問題です。しかし、中々説明しづらいのが「リズム」の難点。間違った練習を繰り返して、リズム感のなさに凹んでしまう前に!本気のリズム改革をしていきましょう!

 %e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%96%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※Ezwebやdocomo、ガラケーを
ご利用の方は「文字メール」を
選択してください。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク